その他事業

健康維持増進支援事業

働く人の健康と快適な職場づくりのために|八千代商工会議所では、毎年一回生活習慣病健診を実施しております。

健康診断の目的は、自覚のない病気の発見にあります。一般に生活習慣病といわれるものは、その初期にあっては自覚症状がありません。高血圧、高脂血症、糖尿病、肝機能障害、軽度の貧血、初期がんなど、すべて無症状です。
したがって、自分は健康だと思って健康診断を受診しなかったり、異常を発見されるのが怖くて受診しなかったりする人が多いようです。実は、こうした未受診者に異常の頻度が高いのです。症状の有無にかかわりなく、年に一度は健康診断を受け、病気の早期発見、予防に心がけることが健康づくりの第一歩です。

企業を支えるのはやはり「人」。健康な心身と快適な職場があってこそ、人は安心して働き、その力を発揮することができます。快適な職場づくりと健康づくりは、事業者に義務づけられた仕事であると同時に、企業発展の原動力なのです。
八千代商工会議所では福利厚生充実と健康維持増進を目的に、毎年一回健康診断を実施しております。どうぞこの機会に健康診断を受診し、ご自分の健康の確認をされるよう皆様におすすめします。

平成29年度 生活習慣病健診のご案内

2017seikatusyu_690x2000.jpg